のぐともカナダ留学ブログ

15歳で留学開始し、カナダ8年目。 高校、大学を卒業し、現在は幼児教育者として働いています。 次は永住権申請!

教育実習終了

 

こんにちは、のぐともです。

先日、無事に3つ目の実習を終えることができました。

今回の実習先は今までの中でも特に素晴らしい環境、教育方針、そして教育者が揃っており、私にとっては本当に学ぶことが多かった場です。5週間という短い期間でしたが、そんな素晴らしい環境で素敵な先生方と働けてとても幸せでした。

 

割と大きなプリスクールということで、10人を超える先生方、5つ以上あるプログラム、そして 1プログラムにつき 16人以上いる子供達... 私自身 4つの違うプログラムで毎日入れ替わりで入っていたので、実習を始めた当初はまずはそれぞれのクラスに慣れることで精一杯でした。

 

ラッキーなことに名前と顔を覚えるのはすごく得意なので、2日目には全ての子どもを把握することができ、意外にもかなり早い段階で子供達とは打ち解けることができました。しかし今回の実習先の先生方は皆、私が生まれるよりも前から幼児教育界で働いてきたベテランさんばかりということもあり、正直最初はかなりのプレッシャーでした。

 

「うまくやれているかな?」

「変に思われてたりしないかな?」

なんてずっと考えていたのですがそんなある日、1人の先生から

「今のところあなたはすごくいい仕事をしているから自信を持って。間違えたりしないか不安なのはわかるけど、実習はね、ましがえてもいい期間だと私は思ってるの。実際、働き始めたら間違いはそう簡単に許されるものではないけど、実習中はたくさん間違えてその分たくさん学ぶことが大事なの」

という言葉を言っていただきました。

これだけですごく軽くなった気分!

 

「間違えてもいいからとりあえず私の考える教育アプローチを実践してみよう!そしてこのベテラン先生たちからたくさんいいものを盗んでやろう!」ってそう思わせてくれました。

 

その結果、先日お別れをした際、私が特に一番リスペクトしてる先生から「あなたは最高よ。素晴らしい先生だし、私の人生の中で間違いなく一番の実習生だわ。これから働き始めたら色々あると思うけど、あなたはすでに最高の先生である、ということを忘れないで。本当にあなたと働けてよかった。まるで実習生じゃなく、同僚と働いてるみたいだったわ!」とまで言ってもらえました... 感無量。

 

そしてこんな綺麗なお花と色紙まで頂いちゃいました。

f:id:nogutomocanada:20190415064740j:image

 

 

さらにはクラスの女の子のお母さんから「娘が最近学校に来るのはあなたに会いたいからなのって言ってたわ。春休み明けてから一向に学校に行こうとしなかったんだけど、今日なんか早起きして学校に来たがってたわあなたのために」って言われてさらに涙... すごく嬉しいお言葉ですね。これからもそう子供達に思われるような先生を続けていきたいです。

 

 

今回でトータル 500時間、卒業に必要な全ての実習を終えたことになります。毎日

行きたいと思える実習先もあれば、蕁麻疹が出るほど行きたくないと感じる実習先もありました。プリスクールやデイケアの違いなども知ることができたし、なにより間近でたくさんの先生の色々な教育方針が見られてよかったです。良い点は真似できるように、悪い点はそうならないように注意しながら今後の実践に生かしていきたいと思います。

 

 

のぐとも